敷金返還や高額な退去費用に関するよくある質問

賃貸の退去時のトラブルを避けるには、契約時にどのような点に注意すればよいのでしょうか。

賃貸の入居時にも賃貸人・賃借人の双方が立ち会い、部屋の状況を確認し記録に残しておくことがトラブルを避ける上で大切です。

賃貸を借りるときには、どのようなことに気をつけたらトラブルを防げるでしょう。

退去費用の項目など、賃貸借契約書の内容をよく読み契約事項をしっかりと確認しておくことで、退去時のトラブルを未然に防げます。

賃貸借契約では、借主に不利な特約でも有効なのでしょうか。

賃借人に不利な特約は、賃借人が理解したうえで、合意していなければ有効とはいえないと解されています。

契約書に「賃借人は原状回復をして明け渡しをしなければならない。」と記載がありますが、内装をすべて新しくしなければならないのでしょうか。

通常の生活で使用していた状態で、借りていた部屋をそのまま賃貸人に返せばよいとするのが一般的です。

敷金とは、どういったお金ですか。

敷金は、賃借人が賃料を滞納したり、不注意等によって部屋に損傷・破損を与えた場合にそれを担保するために、預けられたお金です。

壁のクロスにキズをつけてしまいました。
部屋全部のクロス張替費用を負担しなければならないのでしょうか。

不注意でキズをつけてしまったものは原状回復をしなければなりませんが、最低限可能な施工単位で修理するのが妥当と考えられます。

賃貸借契約書に記載されていないのですが、退去にあたり、襖や障子、畳表は必ず賃借人が張替えなければいけないのでしょうか。

通常使用であれば、賃借人の負担で張替える必要はないと考えられます。ただし、賃借人が毀損した場合を除きます。

敷金の返還請求はいつでもすることができるのですか。

敷金の返還請求は、契約で時期を定めていない限り、建物の明け渡しを行った後でなければできません。

賃借人の善管注意義務とはどういうことですか。

賃借人は、注意を払って賃借物を使用する義務が課されています。これを賃借人の善管注意義務といいます。

アパートの大家さんが変わったのですが、敷金は新しい大家さんから返還してもらえるのですか。

そのアパートを新しい大家さんが前の大家さんから購入していた場合は、敷金は新しい大家さんから返還してもらいます。
しかし、そのアパートの抵当権が実行され、新しい大家さんが競売によってそのアパートを競落した場合には、賃貸借契約を締結して、アパートの引渡を受けた時よりも前に登記されていた大家さんから敷金を返還してもらえます。

アパートの引渡を受けた後に登記された抵当権の競売の場合には新しい大家さんから敷金を返還してもらいます。

少額訴訟制度が使えると聞きましたが、どのような制度でしょうか。

60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて、1回の審理で紛争の解決を図る手続きです。

退去費用の請求書が送られてきましたが、納得できません。通常の単価にしてもらえるよう、請求できますか。

請求はできますが、退去費用は物件ごとに異なるため、当事者の話し合いで折り合いをつけることになります。

退去時にサインをしたのですが、退去費用をすべて負担しないといけないのでしょうか。

賃借人の故意・過失等によるものであれば負担をしなければいけませんが、そうでない損傷については、負担する必要はありません。

原状回復工事を賃借人自ら行ったり、こちらが指定した業者に行わせることはできますか。

賃貸人において原状回復工事を行うのが一般的です。

賃貸借契約のハウスクリーニング特約は有効ですか。

クリーニング特約については以下の3点から有効・無効が判断されます。

  1. 契約書に賃借人が負担する旨の明確な定めがある
  2. ハウスクリーニング費用として相応な範囲内の具体的な金額が記載されている
  3. 特約について賃借人への明確な説明と合意がある

退去費用の明細を請求することはできますか。

賃貸人には、退去費用について説明義務があるため、明細を請求して説明を求めることができます。

参考資料

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン (再改訂版)