マンションの高額な退去費用の減額

返還事例

マンションの高額な退去費用の減額

マンションの高額な退去費用の減額

入居年数 3年1ヶ月
家賃 95,000円
敷金 95,000円
原状回復費用 135,000円

マンションの高額な退去費用の減額【概要】

マンションの高額な退去費用の減額

退去費用の請求内容

Aは貸主Bとの間で平成27年3月にマンションの一室の賃貸借契約を結び、敷金95,000円を預け、月額賃料95,000円で平成30年4月1日まで同物件に居住した。

退去後、Bより、壁クロス及びフローリングに、用法違反による破損があることを根拠として、原状回復費用135,000円の請求を受けた。

マンションの高額な退去費用の減額

内容証明郵便にてBに通知

Aは、下記により、相当な原状回復費用を差し引いた残余の敷金76,000円の返還を求める旨を内容証明郵便にてBに通知した。

  1. 賃借人の用法違反による破損がある場合でも、国土交通省ガイドラインより、賃借人が負担すべき費用は、補修に必要な最小限度の範囲に留まること。
  2. 壁クロスにつき、Aの負担すべき原状回復費用は、補修に必要な最小限度の面積と、経年劣化を考慮して、3,000円が相当である。
  3. フローリングにつき、Aの負担すべき原状回復費用は、経年劣化は考慮されないものの、補修に必要な最小限度の面積より16,000円が相当である。

ママンションの高額な退去費用の減額【まとめ】

マンションの高額な退去費用の減額

結論として、BはAへ、原状回復費用を差し引いた残余の敷金76,000円を返金した。

  1. 国土交通省ガイドラインより、賃借人の用法違反による破損がある場合に、賃借人が負担すべき相当な原状回復費用は、補修に必要な最小限度の範囲に留まる。
  2.  壁クロスの場合は、補修に必要な最小限度の範囲に、経年劣化が考慮されるので、Aの負担すべき原状回復費用は、3,000円が相当である。
  3. フローリングの場合は、経年劣化は考慮されないが、補修に必要な最小限度の範囲より、Aの負担すべき原状回復費用は、16,000円が相当である。
  4. よって、Aに返還されるべき相当な残余の敷金は、76,000円が相当である。