預けた敷金って返還されないの!?

行政書士の一問一答

預けた敷金って返還されないの!?

アパートやマンション等の賃貸物件の契約時に納める敷金ですが、実は返ってこないことが多いのをご存知でしょうか。

敷金とは、本来、賃借人が賃料を滞納したり、不注意等によって部屋に損傷・破損を与えた場合を 担保するために預けられるお金です。

しかし、一度、預かったお金を返すことは心苦しいもの。

ここでは、敷金の本質について解説いたします。

預けた敷金って返還されないの!?【敷金は担保】

敷金は、「賃貸借契約締結中に発生した、賃借人が賃貸人に対して負う一切の債務の担保」です。

賃借人が賃貸人に負う債務としては、下記が挙げれます。

  1. まだ支払いができていない賃料
  2. 賃借人の善管注意義務違反により、目的物件に生じた破損及び汚損の補修に必要な費用

敷金は、以上の二つを担保する、預かり金としての性質を持っています。

預けた敷金って返還されないの!?【敷金を返還してもらう】

したがって、賃料の遅滞がなく、賃借人の用法違反による破損や汚損が目的物件に生じていない場合は、差し引かれるものがないので、敷金は全額が返還されます。

しかし、悪徳な業者は、退去時に借主の足元を見て高額な退去費用を請求する場合があります。

また、高圧的な態度と長時間の交渉によって、書類にサインを求めてくることがありますが、まず、この書類にはサインをしないことです。

そして、退去費用があまりにも高額な場合は、こちらにある退去費用が計算できるアプリを使って、その請求額が高額かどうかを調べましょう。

高額な場合は専門家に相談して、知恵を借りることです。

今は専門家も需要過多になっているので、無料で相談を謳っている事務所も多く存在します。

弁護士ドットコム – 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

まずはそこに相談をして、費用をかけずに自身で交渉することに徹しましょう。

預けた敷金って返還されないの!?【まとめ】

敷金は、賃料の未払いや、用法違反による目的物件の補修費用が生じた場合の、担保という性質を持ちます。

故に、上記の理由がなければ、原則として返還されるべきものです。

そして、上記の原則は、敷金、保証金という名目を問わずに、適用されます。