【原状回復費用】襖や障子、畳の高額な退去費用は借主負担!?

行政書士の一問一答

襖や障子、畳の高額な退去費用は借主負担!?

アパートやマンション等の賃貸物件の退去時に発生した襖や障子、畳表の原状回復費用(退去費用)は賃借人が負担しなければならないのでしょうか?

通常使用の損耗と過失による損耗とで、その負担先は変わってくるとのことです。

襖や障子、畳の高額な退去費用は借主負担!?【自然損耗】

襖や障子、畳表などの消耗品の自然損耗分は、毎月の賃料に含まれるものとされます。

特約がない限り、自然損耗により生じた消耗品の貼り替え費用は、所有者である貸主の負担となり、借主が高額な原状回復費用(退去費用)を負担する義務は負いません。

これは貸主に、賃料と次の居住者の為の退去費用の二重利得を得させない為です。

襖や障子、畳の高額な退去費用は借主負担!?【用法違反】

ただし、賃借人の用法違反による損耗については、補修に必要な最小単位で賃借人に負担義務が生じます。

また、賃借人に消耗品の交換費用を負担させる特約も、消費者契約法10条の趣旨に照らして暴利的でない場合は、原則有効となります。

例えば、特約の代償として賃料が相場より安く定められている場合などがいえます。

襖や障子、畳の高額な退去費用は借主負担!?【無効を主張する】

特約により、原状回復費用(退去費用)として消耗品の交換費用を請求された場合でも、無効を主張できる場合があります。

判例では、契約当初に、特約につき明確な説明を受けていない場合は、特約の無効を主張できるとされた事例があります。

襖や障子、畳の高額な退去費用は借主負担!?【まとめ】

賃借人は、特約がない限り、襖や障子、畳表替えの費用を負担する義務はありません。

特約がある場合でも、契約当初に明確な説明を受けていない等の事情がある場合は、無効を主張できる可能性があります。