賃貸トラブルで有効活用?民事調停の特徴

ガイドライン

賃貸トラブルで有効活用?民事調停の特徴

賃貸トラブルで有効活用?民事調停の特徴

アパートやマンションなどの賃貸トラブルで活用できる民事調停は、訴訟と異なり、裁判官のほかに調停委員会が当事者の言い分を聴き、歩み寄りを促し、当事者の合意によって解決を図ります。

調停は、訴訟と比べ、だれでも簡単に利用できる上、当事者は法律的な制約にとらわれないため、自由に言い分を述べることができますが、望む解決が得られるとは言い切れません。

賃貸トラブルで有効活用?民事調停の特徴【特徴】

手続きが簡単

始めの手続きは申立て用紙のみで、簡単に申立てをすることができます。
終了までの手続きも簡単なので、1人でできます。

賃貸トラブルの円満な解決が期待できる

当事者同士が納得するまで話し合うことが原則なので、賃貸トラブルの円満な解決が期待できます。

費用が安い

手数料は、訴訟に比べて安価です。
例えば、10万円の資金の返済を求める申し立ての手数料は500円です。

秘密が守られる

調停は非公開の席で行うため、安心して事情を話すことができます。

早く解決できる

調停が成立するまでには平均2、3回の調停期日が開かれ、全体の約90%以上が3ヶ月以内に解決されています。

賃貸トラブルで有効活用?民事調停の特徴【専門家に相談】

上記のように、民事調停には様々なメリットがあります。

しかしながら、いざ民事調停を起こそうと思ってもなかなか一歩が踏み出せないと思います。

今ではインターネットから無料で相談できる法律・法務事務所等があるので、不安な方は一度相談されてみることをお勧めします。

“賃貸トラブルで有効活用?民事調停の特徴”の参考資料

原状回復をめぐるトラブルとガイドライン (再改訂版)